Profile

精神科医Dr.Chikaの音楽制作所

Dr.Chika:小林知佳

精神科医/アーティスト(作曲・編曲・作詞・鍵盤・ボーカル)

千葉大学医学部卒業・都内の精神科老人保健施設 施設長
KORGキーボード・ボーカル デモンストレーター
オリジナル楽曲の制作と認知症音楽療法に取り組む。

中学時代にビートルズの音楽に魅了され音楽活動の原点となる。
2007より音楽活動を開始しビートルズ全曲のピアノ弾き語りやポップバンドのボーカルの活動を行った。
2014 ソロ・オリジナル楽曲(Pops)の制作開始。
2015 KORGキーボード Liverpoolデモンストレーター(鍵盤・ボーカル)
2018 精神科医Dr.Chikaとして眠りのためのオルゴール・ピアノ曲などのBGM制作を開始。また認知症重症者への個別音楽療法の取り組みと研究を開始。


[プロフィール]
1984年10日20日生まれ 天秤座 O型
秋田県生まれ静岡県育ち・千葉を経て都内在住 (出身地:特になし)

[好きな音楽]
The Beatles/Electric Light Orchestra

【ご挨拶】
WebSiteを訪れていただきまして、どうもありがとうございます。

私は都内にある精神科専門の老人保健施設へ勤務しております。認知症やその他の精神疾患を患い、ご自宅で生活されることが困難である高齢者の方々への診療や、認知症重症者への音楽療法を行っております。また、楽曲制作を中心とした音楽活動を行なっております。

[現在取り組んでいる活動]
1.リラクゼーションミュージックの制作
眠りのためのピアノ曲・オルゴール曲などのオリジナルBGMの制作を行い、音楽ストアでの配信を行なっています。
またビートルズの名曲の数々をピアノやオルゴール、弾き語りでアレンジしてyoutubeに公開しています。

2.認知症重症者への個別音楽療法
従来の音楽療法は、リハビリやレクリエーションに参加できる方を対象に、集団で行うものが一般的ですが、認知症重症者が多く入所する認知症専門床では、そもそも参加することが困難である場合が多くなってきます。
米国で行われている個別音楽聴取(PML:Personalized Music Listening)は個々人の思い出の曲をヘッドフォンで聴取する方法です。
認知症専門床に入所される、多くの利用者様に思い出の曲を聴いて頂き、問題症状の改善やQOLの向上をはかると共に、施設や家庭で簡単に実施できる音楽を用いた介入(音楽療法)としての手法確立に貢献したく、観察研究を行っています。

●2018/2019までの結果(国内でも施行が可能であることと、有効性の示唆)
URL
●2020の結果(QOLや症状改善例で年齢・生年平均が若く、HDS-Rが低い傾向)
URL


3.認知症軽症者の集団音楽療法(演奏会)
またリハビリやレクリエーションに参加できる軽症者の方を対象に、施設内で定期的に演奏会を行っております。私は鍵盤演奏を担当し、作業療法士さんたちや地域のボランティアの方々と共に、歌ったり、オリジナルのリズム体操を行ったりしています。


[認知症診療と音楽制作にたどり着くまで]
私は中学2年生の時にアメリカの医療ドラマ・ER緊急救命室(season1)を見て、医者に憧れるようになりました。また同時期にふと洋楽が聴きたいと思い、音楽好きの父に昔の洋楽のレコードからカセットテープを作ってもらったのですが、思いの外気に入って何度も聴いているうちに、ビートルズに強く惹かれるようになりました。今で言う、中二病をだいぶ先取りしていたのかもしれません・・

それからは自身の世代の流行などはそっちのけで、ビートルズのビデオやCDを図書館で借りてきては繰り返し聴き入り、ピアノの先生にお願いして自分だけはビートルズの曲を弾かせてもらうようになりました。いつかビートルズの曲を全曲歌えるようになりたい、と思っていました。

実は私は精神科医になってから、自身についての、いわゆる大人の発達障害の診断もいただいています。最近ではアスペルガー症候群や高機能自閉症を含み、自閉スペクトラム症(ASD)と呼ばれるようになった分野です。

そうした観点で振り返ると、異様なほどにビートルズにハマったり、勉強の虫になったりしたことも、あるいは大学以降に適応障害を繰り返すなど二次的な障害に苦しんだ時期があったことも、後々には説明がついたりしたところもあります。

大学時代より始めた音楽活動では、ライブバーなどでのビートルズ全曲のピアノ弾き語りカバーや、ポップロックのオリジナル曲のバンド活動、音源制作や作詞作曲、ボーカル・鍵盤の演奏活動を行いました。

自分でも曲を作って音楽を表現したい衝動に駆られ、浮かんだメロディーをボイスレコーダーに録音したり、デモを作ったりしたものの、形にできたものは一部で、その他のモチーフはレコーダーやパソコンの中で眠ったままとなっていました。

自閉スペクトラム症の特性は、高性能のCPUと容量が大きなハードディスクと、容量の小さなメモリを持つコンピューターにも例えられることがあります。一つのことに没頭するのは得意なのですが、複数のことを同時にやることが苦手で、フリーズしやすい状態にあるとも言えます。

いつしか音楽に没頭してしまっていた私は、医学部を卒業した時には自分が何がしたいのか、見失ってしまっていました。一度、勉強も音楽も離れて、違う世界を見て、広く言えば生き方を根本から見直そうと思いました。また、クリエイティブな分野に関わってみたい気持ちもあり、外資系出版社のデアゴスティーニ・ジャパンに入社して、1年ほどIT部門でアルバイトをしました。

こういった時期を、モラトリアムとか、精神科の用語では、放浪歴ともいうそうです。ただ自分では放浪していたようなつもりはなく、今を楽しんでみたり、現実を見つめなおす貴重な時期となりました。

会社を辞めて勉強を再開し、その後無事に研修医になり、病院で働くことをはじめました。

その間も、音楽で何かを表現したい思いはずっと持ち続けていましたが、次第にDTMでの音楽制作に興味を持つようになり、それまでに書き溜めていた曲の録音・編集を始めました。音源とプロモーションビデオを制作してYouTubeに公開するなど、ポピュラーミュージックの制作活動を行いました。

またビートルズのピアノ弾き語りカバーの演奏も再開していたところ、2015年に発売されたレノン・マッカートニーの楽曲に特化したKORGのキーボード「Liverpool」のデモンストレーターとしてお声がけをいただき、イベント会場等でのビートルズの楽曲のボーカル・鍵盤演奏とともに、商品の紹介をさせていただきました。
ビートルズが仕事になった、嬉しい経験です。

研修病院の近くにあった、現在の勤務先である精神科の病院は、新しいことに積極的に取り組む気風があり、幸いにも、このような紆余曲折を受け入れてもらえました。

私は認知症やその他の精神疾患をもつ高齢者の方が100名近く入所されている老人保健施設で、利用者さんたちの診療や音楽療法を始めました。親しく接してくれる利用者さんたちに、私の方が、救ってもらったように感じました。認知症の方の余生を充実させるために、頑張りたいと思いました。

施設の医療は病院とは異なり、必要最低限の設備で、利用者さんの健康の維持や施設生活を支えるための総合的なものです。また認知症の病気の特性上、精神面のケアはもちろんですが、末期になると身体的な不調も起こってきます。また何を話しても、すぐに忘れられてしまい、毎日会っていても、初めて会うように、接してもらったりします。しかし認知症が進行した中でも、それぞれの方の個性が見られ、利用者さんと過ごす時間はとても楽しいです。

施設での生活の時間をともにするので、一人一人の利用者さんのことをよく知るようになり、いろんな思い出もできます。介助を必要としながら一瞬・一瞬を生きている認知症の方々の余生を充実させられるかどうかは、こちらの働きかけ次第です。

また利用者さんの世代は、ビートルズのリアルタイムの世代にもなりつつあります。
中学時代からずっと憧れていたビートルズの時代を生きた方々に、このような形でご縁があることも、不思議なことであるようにも感じます。

私はようやく自分がやりたいことを見つけることができ、認知症の方々の診療を行いながら、一緒に音楽を聴いたり演奏したり、貴重な時間を過ごさせていただいています。

また、学生時代から書き溜めていたモチーフを元に、眠りやリラクゼーションのためのBGMの制作を始めました。
眠れない時、起きれない時、気分が落ち着かない時などの一助となれば幸いです。

利用者さんたちに支えられながら、今後も認知症診療と音楽療法・音楽制作に、最善を尽くしていきたいと思います。

今後とも、宜しくお願いいたします。

ページの先頭へ